勢いだけで沖縄移住生活

島ないちゃーだからこそ知れる、沖縄の情報を発信中

民泊経営も楽じゃない

民泊経営

何を隠そう、

友達と共同で民泊も経営しているのですが、

 

まだ1年目と言うこともあり、

対応に手こずる事もあります。

 

緊急出動

昨日は夜の22時過ぎくらいに

某民泊サイト経由でメールが入り、

内容を確認したところ。

 

『ゴキブリがでました!!』

 

との事。

 

そら出るがな…。

沖縄やで…。

 

と内心は思いながらも、

確かに殺虫剤などの準備もなかったので、

 

これはやむを得ないと、

家から恩納村まで片道約40分。

 

殺虫剤片手に車を走らせる事になる。

 

今回は韓国からの女性3名組のゲスト。

 

やり取りはハングルでのメールでのやり取りのみ。

 

こっちはハングルなんてもちろん話せない。

英語も片言。

 

相手は英語が話せるのか??

不安しかないが、とりあえず家に突撃。

 

ぴーんぽーん。

 

『こんばんは~。』

 

おっ、なんとも日本語であいさつ帰ってきた!!

 

ダメ元で日本語で、

『どこに出ました~??』

 

って聞いたら、

『こっちです~。』

 

と普通に日本語で会話が成立。

 

しかもめっちゃ流暢(笑)

 

とりあえず、

出たと言われた場所に殺虫剤を撒き散らすも…。

 

無反応。

 

そりゃ、連絡が入ってから、

約1時間が経過してるしそらそうやろ(笑)

 

と思いながら、とりあえず沖縄は暖かいので、

ゴキも出るし、ゴキ以外の虫も出る事を説明。

 

殺虫剤を置いていくので、

もし出たらこれで倒して下さい。

 

倒した後は、

そのまま放置してもらっても良いと伝え、

幸いにも納得してくれ、事なきを得ました。

 

まぁ、こんな事がしょっちゅうある訳ではないが、

民泊が流行っているからと迂闊に手を出すもんじゃありませんね(笑)